« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月18日 (水)

広島、島根、山口、福岡!

Pb130009tile 地区区長会の研修で広島、島根、山口、福岡へ
行ってきました。
会津としては長州に対し、戊辰戦争以来の因縁が
未だに残っていますが、さすがに私ら年代に
なるともうこだわり無く、総理大臣を8人も出している
所を見て来ようと出かけました。

まず広島から...平和公園を訪れ、原爆の威力の凄さと
悲惨さを目の当たりにして 平和ボケ を反省しました。
なんと資料館参観者の6割以上が外国人でした!

Pb140083tile 宮島に宿泊して、早朝に厳島神社を
参拝しました。
他に参拝者がほとんど居なくて清々しい気分で
参拝出来ました。
満潮だったのが少し残念...!

Pb140160tile 岩国の錦帯橋も見学しました。
木工機械が無かった時代に、のこぎり、カンナ
ノミなどで橋掛けをしたなんて...巧みの技
ですねえ!!

島根県、津和野にも立ち寄りました。
町並みを散策して、森鴎外の旧宅も見学しました。

Pb140160tile_2

二日目は萩市内に宿泊し、吉田松陰が松下村塾
を開いて、後の偉人達を育てた現場を見て感動
しました。
会津にも 日新館 を始めとする教育施設が
あって、やはり後世に名を残す人物を育てています。

Pb150246tile_2 秋芳台から秋芳洞を見学しました。
福島にも あぶくま洞 という鍾乳洞があり
ますが、秋芳洞の方がはるかにスケールが
大きくて見学道路が広く安全なのでゆっくり
見学してきました。

Pb150312tile 関門海峡を渡って九州入りしましたが、海峡の
狭さにビックリ...護衛艦と貨物船の衝突も
あるだろうなあ!と思いました。
最後に太宰府天満宮を参拝しましたが、七五三の
日だったので着飾った子ども連れで賑わっていました。

今回は、私にとって初めて訪れた場所ばかりで
とても印象に残りました。

| | コメント (0)

そば打ち教室

Photo_6 福島県の某農業センターで「そば打ち教室」の
お手伝いをしてきました。

センター事業の一つで、受講者が自分たちで
そばの種を播いて育てて...実を収穫して...
打って食べる という講座だったそうです。
講師を...という依頼だったので、軽トラに道具一式を
積み込んで2時間かけて出かけました。

Photo_7 ほとんどの方が初めてのそば打ちだったので、
悪戦苦闘しています!
センターで準備した そば打ちセット が
まるでミニチュアだったのと場所が狭くて
思うようにいきませんでした。
それでもなんとかかんとか 手打ちそば に仕上げて
お土産に持ち帰って頂きました。

Photo_8 いよいよ試食会、センター所長さんのご挨拶の
後、美味しいそばをたっぷり頂きました。

初めての県産品種 「会津のかおり」 は、
甘味が強くて美味しいので皆さん満足して
講座を終えられたようです。

「会津のかおり」の良いPRになったと思います。

| | コメント (0)

「文化祭」

Photo 11月3日は会津坂下町の「文化祭」が
行われました。
町の公共施設や農協施設を使って様々な団体や
グループが発表会、展示、直売などをします。
小学校では児童の作品を一般公開したり、学校内を開放したりしています。

Photo_4 中でも、毎年人気があるのは農産物や食べ物の
ブースでお昼前後は行列が出来るほどでした。
ただ、異常に寒かったのと時折小雨が降って
きたので、人出にやや影響したかな...と思われます。

Photo_5 我が、NPO法人「ITサポートあいづ」でも
パソコン無料相談会を開きました。
恒例になっているので、ノートPCを持って
訪れる方がたくさんいます。

町の委託事業で開催している「PC教室」を受講された方が
顔なじみになった気安さでやって来ます!!

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

蕎麦、刈り取り終盤です

Photo 蕎麦刈りが終盤になってきました。

今年は、8、9月に雨が降らなかった
せいか収量がかなり落ちています。
種まき時期によっては例年の3割程度しか採れない畑もあるようです。

私は昨年から比べると3割減収ですかね!

気になるのは...花が満開の時、いつもならブーンと羽音がうるさい
くらい飛んでいるミツバチが異常に少なかったことです。
やはりミツバチは減っているんでしょうか?
携帯電話の電波が影響してるという話題もありましたね!

Photo_2 今年の蕎麦の実です。

花ガラはついていますが、黒い三角の実は
少ないです。
それと、いつもなら赤く枯れ始めるはずの葉が青いままで...
コンバインが詰まってなかなか作業が進みません!

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »