2018年6月 1日 (金)

葉たばこ、元気に育っています!

5月の連休中に植えた葉たばこが順調に育っています。

Photo

畑に植えてから極端な低温にも合わず、何度か雨が降って

順調に育っているので楽しみです。

これから6月中旬の梅雨入り頃まで、一気に1.5mぐらい

伸びるので驚きです!

Photo_2

6月に入って葉たばこの他にも、水稲や様々な野菜も

元気に育って畑が賑やかになっています。




| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

葉たばこ植えました!

5月6日に、葉たばこ定植が終わりました。

Photo

4月中、暖かい日が続いてどんどん育ち、やや徒長気味の

苗でしたが、畑に植えました。

Photo_2

昨日、今日と雨降りで水分補給が出来て元気に育っています。

6月下旬から葉っぱの収穫に入りますが、7月、8月の天気次第で

ウチの財政状況が変動します...!




| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

やまざくら が咲いた!

平年より少し早く やまざくら が咲きました。

Photo

正確な品種名は解りませんが、ここの地方では やまざくら と

呼んでいる桜が咲きました。

Photo_2

豪華に咲く ソメイヨシノ とは違った、可憐で清楚な花が好きです。


| | コメント (0)

葉たばこ順調!

葉たばこの苗が順調に育っています。

Dscn0286

ゆっくり、じっくり育てて丈夫な苗を今月末頃から
畑に植えます。

Dscn0283

この1本、1本にウチの生活がかかってる...(^_^)

今から夏場の天気が気にかかります。




| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

すっかり春の陽気!

今年は、3月に入って一気に雪解けが進み春が来ました。

Hana01

ふきのとうはもう花が咲いて...野の花が次々と
咲き始めました。

桜はもう少し先で、15日過ぎの頃かと思います。

Hana02

畑もすっかり水分が抜けて、いつ耕しても大丈夫という
状態になってます!

いよいよ冬ごもりから覚めて忙しい時期になりました (^_^;)




| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

春がそこまで...

春がそこまで来ています。

32802

3月に入って急激に雪解けが進み、平年より早く春が来そうです。

田んぼの土手には、ふきのとうが顔を出して吹く風が

やさしい暖かさを運んでいます。

32801

畑の雪もほとんど見えなくなり、4月に入れば畑仕事が

始まります。




| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

葉たばこ、30年作始動!

3月に入って急に春めいて暖かい日が続きます。

葉たばこ育苗の準備を始めました。

0156

軽トラ、機械、道具、その他資材などを入れる為に
ビニールハウスの除雪から始めます。

0158

除雪機が入る部分を飛ばして...

0160

三日かかって土が出て来ました (^_^)

0161

でも、畑には50㎝の雪が...土が見え始めるのは

4月に入ってからでしょうか!!








| | コメント (0)

2018年2月28日 (水)

物置を掘り出した...

2月20日を越えたら春が近づいて来ました!

Ph01

雪が沈んで表面が固くなり、長靴でも歩けるようになったので、

畑にあるパイプハウス乾燥用ビニールなどの資材倉庫が

埋まっていたので掘り出しに行きました。

Ph02

カミさんと二人でここまで...あとは自然に溶けて

3月半ば頃には土が出てくるでしょう (^_^)

Ph03

でも、今では90㎝ほどの雪にすっぽり埋まっています。

春~よ来い、早~く来い... (^_^)



| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

会津坂下町の初市でした

 今日は、会津坂下町の 初市 でした。

Photo

初市は、町の一番始めに行われる年中行事で、風車、福俵、
起き上がり小坊師などの縁起物や、大判焼き、焼きそば、りんご飴
などの食べ物など、様々な出店が役場前の道路に50店ほど
並びます。

Photo_2


午後になると役場前で大俵引きが行われ、五穀豊穣を
願って下帯1本の男衆が引き合います。

4

縁起物の 福俵、風車、起き上がり小坊師を買って帰り
神棚に供えました。

| | コメント (0)

今年もよろしくお願い致します

年が明けたら、あっという間に松の内が過ぎてしまいました!

遅ればせながら おめでとうございます m(_ _)m

01141

こちらは積雪50㎝、例年より寒さは厳しいです。

本年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0)

«蕎麦刈りから出荷検査まで